男性と女性

男性はいろいろなコンプレックスを持っていることがとても多いです。どのようなことを気にしているのでしょうか。男性がコンプレックスに感じていることは身長が低い、スタイルが悪い、体重が重い、髪が薄いなどの身体的なことや、収入が少ない、学歴が低いなどの自分の社会的地位に関することまで様々です。体重などは自分の努力しだいで変えることができますが、大人になってから身長を伸ばすことはできません。しかし、髪が薄いことなどは最近では様々な対処方法があります。気になるのであればお金をかけて改善するのも良いのではないでしょうか。

また、収入がたくさんあればほしいものがたくさん買えるため、余裕のある生活を送ることができます。収入アップは簡単なことではありませんが、資格取得や転職などによって可能性があるので、努力する価値はあります。低収入は結婚する際の障害になる可能性も大いにあります。同年代の一般的な収入と比べてどのくらいの差があるのかは把握しておいたほうがいいでしょう。また、女性の中でも収入を気にしない人や、自分が働くので、主夫になってほしいということもあるので、気にしすぎないほうが良いです。一方、女性はどのようなことをコンプレックスに感じているのでしょうか。

女性はスタイルが悪い、体重が重い、肌が荒れている、地黒であるなど外見に関することがほとんどです。自分ではコンプレックスと感じていることが他人から見て、必ずしもマイナスではないので、気にし過ぎないようにしましょう。

コンプレックスの誕生

コンプレックスとは日本語では「劣等感」といわれます。コンプレックスのほとんどは思春期に、子供から大人へと変化する過程で生まれます。他人を他人として、自分を自分として意識する中で比較することで生まれるのが「優越感」と「劣等感」です。自分自身を強く意識することで、今までより現実的に感じられるよ・・・

他人との比較

劣等感は他人と比べて自分がどのようなポジションにいるかを考え、その相手より自分が劣っていると思ったときに感じます。学歴、身長、地位、収入など様々なことが原因となりますが、負けるとみじめに感じてしまいます。また、反対に自分のほうが勝っている、優れていると思うと人は優越感を感じます。劣等感と優越・・・

コンプレックスの克服

コンプレックスを感じた時、その相手のことを良く見て考えて見ましょう。自分のことばかりを考えているとそのコンプレックスにとらわれてしまいます。相手の何に対して自分はどのように感じているのかを見つけ、向き合うことで解決に向かいます。相手は何も感じていないのに自分だけがコンプレックスを感じて自己中心的・・・